なぜ煙草は規制薬物に指定されないのか

なぜ煙草は規制薬物に指定されないのか?
同じように健康被害をもたらす麻薬は禁止されているのにです。
喫煙が健康被害を及ぼす事は明白であり、また吸いたくもない周りの方々が受動喫煙という迷惑を被っているにも関わらず・・・
その理由として煙草が財務省の管轄下であり財政と切っても切れない関係(税金をかける事が出来る)という事があるかと思われます。
そうとは言っても煙草関連疾患と認定されるものに関しては個人の自由で罹患したものであれば仕方がない事ですが、吸いたくもない煙を吸わされたあげく煙の嫌な匂いをつけられ、最悪肺がんにかかるリスクまであるなんて・・・・
ポイ捨てやところ構わずのくわえ煙草なども、本当に吸わない側にとっては迷惑はなはだしいところです。
以前に比べると消費増税や不景気等もあって、結果的に私の周りでも喫煙者の数は減少しておりますが、国のほうでも受動喫煙やマナーに関してもう少し規制を設けるなりしてほしいというのが私の考えです。
JTや輸入煙草を販売する業者にも喫煙ルームの設置等、喫煙をしない方に迷惑にならないような責任を課すことも一つの手かもしれません。
また喫煙をしない方々が喫煙がもたらす健康被害についてもっとアピールしていくことも大切かもしれませんね。