チャンピックスはニコチン切れの禁断症状を和らげます

ファイザーのチャンピックスは禁煙外来で処方されている禁煙するための内服薬になります。禁煙をすると体内のニコチンが切れてしまい禁断症状があらわれることがあります。イライラや集中力の欠如・不安を感じる・眠気など人によって症状が異なります。この症状に耐えきれなくなってしまって禁煙の失敗をすることが多くあります。ファイザーのチャンピックスは、禁煙によって引き起こるニコチン依存症の症状を緩和させることができる薬になります。ニコチン切れの禁断症状を和らげる他に、タバコをすったときにおいしく感じさせない効果もあるので禁煙しやすくなります。禁煙治療は12週間続けることが必要になります。ファイザーのチャンピックスの飲み方は、禁煙する1週間前から服用していき8日目から禁煙していきます。ミリ数も変わっていくので医師の指示にしたがって服用していきます。チャンピックスを服用している時は他の禁煙補助薬の使用はしないでください。禁煙治療は禁煙外来を掲げている指定の医療機関でおこなうことができます。一定の条件を満たしていれば健康保険の適応になるので負担金が少なく済むので、禁煙をしたい人はぜひ医療機関に受診した方が良いです。万が一禁煙が失敗に終わると1年間は健康保険を使っての禁煙治療ができなくなるので注意が必要になります。禁煙外来ではチャンピックスなどのお薬の処方の他に、一酸化酸素濃度の測定をします。一酸化酸素濃度測定はタバコを吸っているかどうか数値でわかるので禁煙の動機づけに役立ちます。禁煙外来は医師のアドバイスなどのサポートがあるので、一人で禁煙にチャレンジするよりも成功しやすいといったメリットがあります。